ジャンプしている若者

注目記事

障害年金の受給資格

書類に記入

障害年金を受け取るためには、国民年金に加入している必要があるので事前に確認してみましょう。また障害状態が一定の状態を維持していることや年金保険料を支払っているのかも受給資格に含まれています。

» もっと読む

障害年金の受給金額

膝を抱えている女性

障害年金の時給額はそれぞれの障害の度合いや家族構成によって変わってくるので、一度支給額を確認してみましょう。また障害年金は幅広い補償範囲を持つので、障害者本人だけでなく家族全体を支えることができます。

» もっと読む

障害年金の相談

横並びの若者

障害年金について疑問やなんらかの悩みを抱えている場合は、社会保険労務士に相談を行ないましょう。また社会保険労務士は相談だけでなく代理手続きも行ってくれるので、気軽に利用しましょう。

» もっと読む

障害者の為の年金制度

大怪我をしたことがある場合には障害年金のサポートサービスを行なっているこちらに相談してみましょう。お金を得られることもあります。

悩んでいる女性

日本では年金という制度があり、老後の生活や定年退職後の生活など主に高齢者の方の生活を支える貴重なものです。主に仕事の給料等から自動的に引かれることが多く、一般的に働いている人の多くが年金を支払っています。また年金にはさまざまな種類が存在しており、それぞれの対象の方に対してさまざまな支給を行っています。特に障害年金で生活を助けられている人は多く、何らかのケガや病気によって働くことが困難な人や働くことができない人を支援しています。障害年金は主に眼や耳などの視覚や聴覚に何らかの支障を抱えた人や手足の不自由な人に支給されると知られていますが、他にも糖尿病を患っている人やがんなどで通院を行っている人に対しても支給されるようになっています。

障害年金は公的年金の一つであり、身体が不自由な方や何らかの持病を持った人に対して支払われるものです。この年金にはいくつかの種類があり、それぞれの種類によって支給される金額に違いがあります。障害者として対象になっている人全てが受けることができるのが障害基礎年金です。受給対象者として認定されていれば誰でも受給することができる年金で、1級と2級に分別されています。会社員として働いている障害者の方に対して支払われるのが障害厚生年金で、1級から3級までに分けられています。会社員として働いている障害者に対しては障害基礎年金と共に障害厚生年金が支払われるしくみになっていて、一般の支給者の方よりも多額の支援を受けることができるようになっています。また公務員の障害者の方にも障害共済年金が用意されており、それぞれ働いている障害者の方が安定した生活をおくれるような制度が定められています。

障害年金の適応範囲

電話している人

障害年金は身体的に不自由を抱えている方だけでなく、がんの方や病気の方も支給対象となることができます。また内疾患で障害年金を申請する場合は、きちんとした病気との整合性を取れるようにしましょう。

» もっと読む